※このページは初めて訪問された方向けにトップページに固定し、随時必要に応じて情報の追加と更新を行う予定です。


当ブログにお越しくださいまして、ありがとうございます。

「このブログはこれから一体何を伝えていくのか?」

について、簡単に説明させていただきます。

1. 小学校時代の場面緘黙



私は小学校低学年の頃から「自分は他の子たちと何か違うかも???」という違和感を覚えながらも、それなりに楽しく、小学校生活を送っていました。

しかし、小学校3年生の冬に初めての転校。

転校先の小学校でうまく馴染めず「家では普通に話せるけれど学校では全く話せない」という謎の症状が発生!!

それからは「暗い子」「変な子」としてクラスで浮きまくりの辛い日々を過ごしました。

その後、父の転勤やら失踪()やらで2度の転校を経て、小学校6年生の夏くらいから、少しずつ学校でも言葉を発するようになりました。

当時はまだ場面緘黙なんて言葉はなく、当然親や教師にも理解されず、なかなかしんどかったです。


2. 就職後に発症した統合失調症



中学卒業後、理系の学校に進学(5年在学の学校です)。

20歳で就職したものの、多忙を極める職場環境に加え、おそらく過去の家庭環境からくるトラウマの影響もあり徐々にメンタルは崩壊。

統合失調症の診断を受け、長期病欠を経て2、3年で退職しました。

その後約7年に渡る闘病生活を経て寛解状態になり、その後再発の兆候もありません。


3. そして現在の状況


統合失調症発症前から付き合っていた夫と結婚し、これでも二児の母です。

10代後半から続く謎の心身の不調のため精神科通いと服薬は続けながらも、なんとか実家にも頼らず家事や子育てが出来るくらいには元気(?)です。

家事育児のクオリティは他の専業主婦に比べたらかなり低いと思いますが、自分のような人間を再生産しないことを最優先に、子供たちがいつも安心し、笑ってのびのびと生活できるような家庭を目指して奮闘中です。
(なかなか難しいですけどね…)


4. このブログで伝えたいこと



このブログでは、

・場面緘黙の体験談
・統合失調症の体験談
・子供時代の思い出

などを中心に、主に「出産までの過去の記録」を残していこうと考えています。

改めて過去を振り返り、頭の中を整理することで、自分のメンタルの不調と向き合い、何かしら改善のきっかけになればいいなぁなんて思っています。

もしも私の体験談が、同じ病気や症状で困っている方のお役に立てたなら幸いです。
(役には立てなくても、ほんの気晴らしや息抜き程度にはなれるような記事を残していきたいです)


また、子育てや現在進行形の日々の記録をつづったブログもやっています。
↓↓↓


もし良かったら覗いていって下さい(強制ではありません。けして強制ではありません)

それでは、ふつつか者ですが、これからも当ブログをよろしくお願いいたします^_^




せいぜい頑張れよボタンです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
押して頂けると励みになります。