【統合失調症&場面緘黙症体験談ブログ】メンタル病んでるマイライフ〜ときめき、自分GATARI〜

小学校時代の場面緘黙、成人後の統合失調症。ドン底からの復活の記録。その他子供時代の思い出などをグダグダと綴っていきます。

小学校時代の場面緘黙、成人後の統合失調症。ドン底からの復活の記録。その他子供時代の思い出などをグダグダと綴っていきます。

学校で全く喋らない私は、当然クラスで浮いていました。 「栗山さんって暗いよね~」という陰口が毎日のように聞こえる学校生活。もはや陰口ですら無いですね。 そんな私にも、時々遊んだり声かけてくれる女子はいました。 純粋な善意というか「仲間はずれは良くないから ...

統合失調症と診断される少し前に、ある日突然、 「何かしらねーけど無性に己の左手切り落としたくてたまらねー」 衝動に支配されてどうしようもなくなった…という話は最初の頃にしましたよね。 しかし幸いにも、私は非常に痛がり&怖がり人間のため、自分で自分 ...

こちらのブログは長らく放置プレイでしたが、突然過去の記憶を思い出しちゃったので書きます。 この画像見たら思い出しちゃったんですよ... リアルタイムでは子供が児相に一時保護されてかなり凹んでいます。 見事に心身の調子を崩し、ほぼ寝込んでいるよ ...

学校で喋れなくなった私。 転校してすぐの「おとなしいけれど喋れる」状態から「全く喋れない」の状態になるまでは、 ある日突然ガクンと喋れなくなったわけではなく、少しずーつグラデーション状に進行していきました。 言葉を発しないだけではなく、表情もほと ...

11月になったので、突然「場面緘黙編」をスタートします。 統合失調症編は12月から再開します。 書きたいことだらけで頭の中がとっ散らかっているため申し訳ありません。 どうかお許し下さい。 このブログの最終目的は 「私の息の根のあるうちに(そし ...

最近、献血ポスターの炎上とか血液クレンジングとかの話題に触れて、ふと思い出したことがあります。 それは、10代後半から20代前半にかけて密かに抱き続けた自分の血液を体内から抜き取ってしまいたいという謎の願望でした。 こういう願望が病的なものかどうか ...

「左手切り落としたい」から始まって「アメリカの最新型の殺人ウイルスが(以下省略)」の辺りは、今考えると典型的な統合失調症の症状(妄想)だったんだな~と思います。 ただ、その少し前に精神科を受診して「神経衰弱」と診断された頃や、妄想が始まった頃に同時進行 ...

ちょっと脱線しましたが、統合失調症の話に戻しますね。 1. 統合失調症と診断される 「アメリカの最新型の殺人ウイルスが頭に埋め込まれている」という衝撃の事実()に気付いてしまった私は、当然ながらまともに仕事していられるような状態では無くなってしまいました ...

仕事の話を書いていたらパソコン絡みの思い出フォルダが脳内でOPENしまい、どうしようもないので放出します。 (話が脱線しまくりですみません。たぶんこんな感じで脱線を繰り返しながら続いていくブログです。遺書か何かの類だと思って気長にお付き合い下さい。) ...

↑このページのトップヘ