統合失調症と診断されて、最初に飲み始めた薬が「ルーラン」という黄色い錠剤だったと思う。(記憶が定かではないが)



覚えてるのは、ルーランが闘病中最も長く飲んでた薬だったはず、ということ。


診断後すぐのかなりヤバかった時に、両親が実家(東京)から雪の中車7〜8時間ぶっ飛ばして当時私が一人で住んでたアパートにアポ無しで押しかけてきて、

朦朧としている私に代わって会社に「休みます」と電話。その後車に乗せられ実家まで強制連行wwwwwww


誰が電話したのか、呼んだのか、何したのか、当時のことは記憶がぼんやりしている。



ただ、車の中で、飲み始めたばかりのルーランの副作用なのかなんなのか知らんけど、足の感覚がないというか動かない感じがして気持ち悪かった。
(他の原因かも知れない)


ルーラン飲むようになって「すげー!」と感動したのが、それまで毎日のように悩まされてきた緊張型頭痛が嘘みたいにピターッと消えたこと!

あと、緊張型頭痛の発生とほぼセットで現れてた口の中がベタベタする感じも消えた。


緊張型頭痛には、抗不安薬とか向精神薬とか良く効いた(私の場合)。


出産に向けて薬やめたら、見事に再発したからね。




実家に連行されて…というか、両親にしてみればかわいい娘が心配だったんだろうと思う。


ただ、実家には兄も住んでるんだよね。嫌だよ、恐怖だよ、なんでそういうの気付かないかな。

自分の娘が何年も性犯罪に合ってて、それを知ってて、その加害者と「家族だからまた一緒に暮らそうね」とかバカなの?脳みそ腐りすぎだろ、馬鹿なのか?


どうせ私の話なんて本気で聞いてないんだろう。なかったことにしたいんだもんねー


地元の病院で入院してたほうがよっぽど良かったよ。


その後、母に連れられて東京女子医科大学の精神科に行った。


頭に電極着けられて脳波(?)測られたり、とにかく待ち時間が毎回長くて通院の電車移動も長くて、ほんとに鬱状態で苦しくて歩くのも立ってるのも座ってるのもしんどかったのを覚えてる。


あの時は、結構ギャルっぽいスカートとか履いてたな。今では考えられないような。


そこでドグマチールを処方されて、飲み始めたら生理(不正出血)がずーーーーっと止まらなくなって、一ヶ月でやめた。


お父さんもお母さんも、私のこと愛してたんだろうな、それにしても脳みそ腐ってる。今でも相変わらず。そりゃあ自分の息子が自分の娘に毎日強制わいせつしてるとか知ったらショックで脳みそ腐って見なかった知らなかったことにしたいよな、そのほうが楽だもんな、人として自然な反応だよな、

んで、結局私が一人で背負わされてんだよ、誰にも言えずに、相談も出来ずに、加害者は罪を裁かれるどころかあんたらが今でも大事にかくまって一緒に暮らして世話してやってるんだもんな。



大事な娘の心をボロボロにした性犯罪加害者を大事にかくまって暮らすのはどんな気持ち?


私は、私の心をぶっ壊した性犯罪加害者を、自分の親が大事にかくまって世話してるの、どんな気持ちで見てればいいの。


これ一生続くんだよね、あいつか、あんたらか、私か、もしくは全員が死ぬまで。






せいぜい頑張れよボタンです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 家族ブログへ
押して頂けると励みになります。